*

メルカリでSanDiskの128GBのmicroSDXCカードを買ったら偽物が届いた。

私はちょくちょくメルカリで買い物をします。
たまーに、掘り出し物があるんですよね。
タイミング次第ではヤフオクとは比べ物にならないくらい
お買い得に手に入れれる場合があります。

今回はSanDickのmicroSDの128GBを買いました。
えー、はい。偽物が多いと有名なトコですよねw

一応、本物っぽいトコから買ったんですけどね。
安すぎない。
着払い返品、返金が明記してある。
なんで大丈夫かなと。

相場の4割引程度です。

平行輸入品ですって書いてある時点で
タオバオかアリババで買ったっぽいんですがw

んで、届いたんですが
あ、差出人の書いてない
らくらくメルカリ便の匿名配送です。

中には品物と一緒に名前などがなく、誰が発行したか全く分からない
明細書が入ってました。
プロくさいですね。

届いた品物がこれです。

はい。パッケージの時点で偽物感満載です。
細かいので見難いかもしれませんが、クリックで大きい画像で見れます。

怪しいポイントを丸で囲んで番号を付けました。

①、表ではup80MB/sになってるのに裏ではup48MB/sになっている。

②、SDXCのXに違和感ありあり。

③、書いてある説明がmicroSDHCカードについて。

④、バーコードで調べてみると16GBのモノが出てくる。

サクッとこれだけ怪しいポイントがありました。

⑤は後からのお楽しみです。

それでは開けてSDカードを見てみます。
アダプターはどうでもいいのでとりあえず無視します。

表側ですが何か印刷が安っぽいというか雑な感じですね。

裏にはシリアルがあります。
mmb3d08buaca-ge cl8h12170401
となっています。

後ほどSD Insightで調べたところこのSDカードは2017年4月製造と出たので
最後の6桁は製造(偽造?)日になってるようです。

ちなみにMMB3D08BUACA-GE LD8H20141201のシリアルでの
偽物情報はネットにありました。

で、ここでパッケージの⑤のポイントが出てきます。
パッケージではMade in Chinaとなっていたのに
カードではMade in Taiwanになってます。
怪しいですね~w

見た目はこの辺にして中身を調べていきます。

ココからはUSB3.0のカードリーダーを使ってパソコンに接続しています。

パソコンに挿してプロパティを見てみます。

ファイルシステムがFAT32です。怪しいですねえ。

FAT32=SDHCカードで使用されてる規格で本来は4~32GBのSDカードにしか使われてないんです。

なので

exFAT=SDXCカードで使用される規格で64GB~のSDカードで使用されている

のはずなんですよね。

次に速度チェックしてみました。

読み込みが80MB/sに程遠い20MB/sです。

書き込みが0.5MB/sと実用に耐えない速度です。
さすがにおかしいので
I-ODATAのフォーマットソフトでexFATでフォーマットして再測定しました。

書き込みがギリギリClass10に足りない程度になりました。
とはいえ遅いですね。

それでは本命の容量チェックにいきます。
この手の偽物は大体が容量偽装です。

はいきました。真っ黒です。

7.6GBしか書き込めてません。偽物確定です。
チェックが終わるのに7時間かかりましたが
これで、偽物。ひいき目にみても不良品確定なんで返品が出来ます。

一応SD InsightというアンドロイドアプリでSDカードのデータを見ときます。

アンドロイドアプリを使えるようにしたfireタブレットに挿して見てみました。

SanDiskのSDカードなら
一番上のところに「SanDisk」
と出るはずなんですが
「INVALID」(無効、正しくない)
と出ました。はい怪しいw

おまけにfireタブレットに挿した際

このSDカードClass2やでって言われちゃいましたからねえ。

総合的に見て偽物確定でしょう。

中国から仕入れたんでしょうね。
偽物だと分かって売ってるのか
知らずに売ってるのかはわかりませんが

返品確定です!

関連記事

SDカードは届いたら、容量、エラー、スピードチェックすべき。

SDカードやmicroSdカード、USBメモリなどを買った時、 偽物か怪しい場合はもちろん 不良

記事を読む

SanDiskのmicroSDカード128GBの本物と偽物の違いを比べてみた

メルカリで買ったSanDiskのmicroSDカード128GBがニセモノだったので メルカリで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑