*

SanDiskのmicroSDカード128GBの本物と偽物の違いを比べてみた

公開日: : SDカード , , ,

メルカリで買ったSanDiskのmicroSDカード128GBがニセモノだったので

メルカリでSanDiskの128GBのmicroSDXCカードを買ったら偽物が届いた。

改めてお店で同じものと思われるものを買いました。

本物の様だったので比較してみました。

この比較は執筆時点で入手した品物で比較しています。
本物、偽物共にパッケージ等が変更される場合がありますのでご了承下さい。

どちらも私の認識として

SanDiskのmicroSDXCカード、128GB、読込速度最大80MB/s
を買いました。型番までは意識していません。

読込速度最大48MB/s、30MB/sのモノも見かけますがそちらは分かりません。

まずはパッケージの表から

ヤフオクやメルカリなどでは荒いパッケージ画像のみの場合が多いので購入前に判断する場合は
「80」の文字のフォントが一番分かりやすいかなと。

本物はポテッとしているのに対し偽物はスリムな感じになってます。

パッケージの裏です。

細かい違いは山ほどありますが
偽物が偽物だと一発で分かる部分があります。

それがSDXCのマークです。

偽物のSDXCカードのマークですが
これはSDHCカードのマークを改変したものです。

microSDHCカードのマークは

このような形です。

偽物のマークは存在せず、プリントミスでは有り得ないマークです。

このマークがある時点で100%偽物と言ってもいいと思います。

あと、本物は

すこし見難いですが
文字の形でパッケージにくぼみがあります。

そして開けてみると

薄いビニールで封がしてありました。
一度開けると再び閉じれないようになってますね。

偽物はパカっと開ける形でした。

microSDカード自体を比べてみると

偽物は表の表面に、塗料がのってますよ~的な塗装です。

では中身を比べていきます。

SDXCカードは規格としてexFATというファイルシステムです。
購入時でFAT32というのは原則有り得ない筈です。

SDカードは販売時
1GB=1,000MB=1,000,000KB=1,000,000,000B
という計算で売られています。

本物は約128GB、偽物は約134GBということになります。

本物は読込91MB/sとパッケージ表記以上の速度が出てますね。

はい。偽物は容量偽造です。

以上、比べてみました。

関連記事

メルカリでSanDiskの128GBのmicroSDXCカードを買ったら偽物が届いた。

私はちょくちょくメルカリで買い物をします。 たまーに、掘り出し物があるんですよね。 タイミング次

記事を読む

SDカードは届いたら、容量、エラー、スピードチェックすべき。

SDカードやmicroSdカード、USBメモリなどを買った時、 偽物か怪しい場合はもちろん 不良

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑