*

G-SHOCKのG-8000Bの電池交換を自分でしてみた。

公開日: : 最終更新日:2014/04/10 DIY , , ,

かれこれ7年ほど前に買ったG-SHOCKの8000Bってやつ。
g-shockg-8000b
一年ほど前に電池がなくなって放置してあったんですが、
この度復活させようと思い立ったんです。

ただ、G-SHOCKの電池交換は高い!

この8000Bは一応20気圧防水。
2000~3000円くらいするみたいです。
高い時計でもないし、そもそも使い込んでボロボロ。
20気圧防水みたいな高性能はなくても水の中で使って壊れなきゃいいや。
というわけで自分で交換してみます。 必要な電池はCR2016です。

一番近い100均にレッツゴーしてみたんですが

CR2016がなーーーい!!

確実にありそうな100均は遠いので諦めて隣のヤマダ電機で
220円でゲットです。

信頼のパナソニック!!
gshockg8000cr2016

信頼のインドネシア!?
cr2016indonesia

あとは精密ドライバーとピンセットを準備して
g-shock電池交換
レッツ交換!

まず、ベルトをはずします。

ベルトの横にあるネジを
g-shockベルトはずし
裏側も含めて4本はずします。

ベルトをはずしたら
ベルトの影にかくれていた4本のネジをはずします。
g-shock裏蓋はずし
おーぷーんっ
g-shockopen
きたなーーっ!!!

防水のためにグリスとか塗ってあったっぽいんですが
それが錆や汚れと仲良くなってます。

ゴムパッキンが金属の蓋側にくっついて外れてますが
本来はプラスチック側の溝にはまっています。

防水?防振?用のシリコン状のものを取ると
g-shockリセット
中身が見えました。
堂々と貼ってあるシールには電池交換後にピンセットを使って
マイナスとACをショートさせてリセットしてね。
って書いてあります。

このシールは電池交換に邪魔なんではがします。
g-shock電池
電池をおさえている金具をはずす時は

この部分に針などの細いものを差し込んで外側に広げるとはずれます。
g-shock電池2
私はちょうどいいものが無かったので一番小さいマイナスドライバーで
半ば無理矢理はずしました。
g-shock電池3
電池を交換して
g-shock電池4
さっきのシールに書いてあった通りにリセットをします。
g-shock電池5
元に戻して完成です。
g-shock電池6
んんん???
g-shock電池7
何かパーツが・・・

というわけでもう一度開いて確認しましたが
取れたであろう部分が見つかりません;

問題なく動いているんで見なかったことにしましょう。

ちなみに防水機能をきちんと維持したい方は
ゴムパッキンの交換や
ゴムパッキン部分のグリスアップなどを
した方がいいみたいです。

わたしは汚れと一緒にグリスもキレイにふき取っちゃいました。

まあ生活防水くらいはするでしょ。

関連記事

iFlashのSoloとDualとQuadが届きました。

なぜか追跡されてました。 iFlash.xyzで注文していたブツが届きました。 送料無料の追

記事を読む

AmazonでSDカードを買う

偽者や不良品のおそれがあるものはAmazon発送で買うべき! iFlash用にSDカードを買います

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑